フィリピン留学で伸びる人と伸びない人!失敗する生徒のパターン!

フィリピン留学では、どこの学校にも生徒に相談される生徒がいるので、どんな質問をされるのか聞いてみました。フィリピン留学で失敗しないように、英語が伸び悩む失敗パターンも知っておいてください。

英会話学習に近道なしと留学中に思った

辻秀樹、50歳男性、期間6ヶ月

フィリピン留学で伸びないタイプ

僕がインタビューした生徒は、その後、生徒の相談役になることが多いんですよ。で、辻さんはやっぱりそうだったみたいで(笑)。

そうですね(笑)。僕はブログもやっているので、「辻さんのブログを見たのがEBに来た理由の1つなんです」って言ってくれる方もいて、嬉しい反面ちょっと恥ずかしいですね(笑)。みんなの質問に答えるのも難しいんです。

どんな質問をされるんですか?

近道を探す生徒

ブログに勉強方法をアップしてるので、勉強方法をよく聞かれます。特に若い生徒さんは、発音の勉強方法を相談してくることが多いです。みんな発音矯正したいんです。だけど、近道がないんですよ。

みんな近道を相談してくるんですね。

はい。でも、英語って10回言ったからって言えるようにならないんですよ。僕も、同じページで2週間停滞してたりしてました。もうフィリピンに6カ月いるので、すぐに喋れるようになったと思われるみたいなんですけど、1週間や2週間で発音は変わるものではないので、短期留学の方と僕の勉強方法はたぶん違うと思うんです。

短期の生徒が、長期の生徒に勉強方法を聞いてもあまり参考にならないかも。

そうなんです。それに短期の方でも目標がハッキリしていないケースもあって、やっぱり目標を明確にするのが非常に大切だと思うんです。僕は中谷さんが相談に乗ってくれたので出来たんですけど。

日本で何回も会いましたからね。でも、実際コツコツと継続出来るのはすごいと思います。

いえいえ。

今の話って、僕にも当てはまってて、僕みたいに働きたい若者がたまに相談してくるんですよ。

どういうことですか?

自由に世界を飛び回って、やりたい事やって、楽しそうですね。どうやったらそうなれるんですか?って質問されるんです。けど、僕は長い間サラリーマンやって、そこで武器を作って、それを今使ってるわけじゃないですか。

そうですね。

でも、最短コースを探してるんですよ。いきなりこういうワークスタイルになれると思ってる。近道を探す人って泥臭いこと避けたがるんです。英語の勉強も同じで、近道をひたすら探してる人って、近道は探してるけど、肝心の英語の勉強をあまりしてないことが多いんです。ノウハウやテクニックばかり探している。でも、地道にやるしかないんですよ。継続は力です。

そうですね。あと、テキストが100ページ以上あると、1日10時間授業しても1週間で終わらないじゃないですか。ザ~ッと流していけば終わるんですけど、それだと結局なにも残らない。でも、復習はあんまりやりたがらないんです。先生が不十分だと思って、前のページに戻るよって言っても、戻ってしまうと、終わり切らないから嫌みたいなんです。

全部終わらすのが大切だと思っているんですね。

もったいない感が出てしまうみたいです。すごくよくわかるんですけど、でも「この短期間で出来る事って何だろう?」って、ちゃんとフォーカスしてフィリピンに来てる人は、それなりの成果を残して帰ってます。

何にフォーカスするかは、その生徒の滞在期間と目的次第ですね。

そうですね。長期の生徒は、目標設定をしっかりしておかないと、たぶんダレると思うんですよね。僕もダレそうにはなりましたけど、目標が明確だったのでなんとか頑張れました。

辻さんほど目的が明確な人はあんまりいないですよ。でも、目的がなければ英語を学ぶ必要はないですからね。

そうなんですよね。僕は切羽詰まって尻に火がついてたので。それでも、モチベーションの波はあります。

辻さんはネガティブな部分を見せないですけど、どうやって自分をコントロールしてるんですか?

信じることですね。自分が最初に決めた戦略はあってるんだ!って確信してました。あとは、先生と毎週打ち合わせしてました。先生はけっこう客観的に見てくれるので、自分の考えを客観的に見えるんです。自分が凹んでてもそれほど凹む事ではないって事がわかったり、自分が思ってたよりも出来ていないって事が分かったり、理想と現実を常に埋めていけたのは大きかったと思います。

先生をコロコロ変える生徒

半年間、先生は変わってないんですか?

変わってないです。

先生をコロコロ変える生徒はすごく多いですよ。そういう生徒が伸び悩んでいることがあります。

先生が合わないなら変えた方がいいと思うんですよ。自分が求めている英語の勉強と、先生の得意分野が合致していなければ、やっぱりもったいないです。でも、先生の得意分野もわからず、自分の英語を出し切らないうちに先生を変えちゃうのはよくないです。お互いを理解する時間が必要なんですよ。

1回や2回授業を受けたぐらいじゃわからないですからね。先生の得意分野も、生徒が超初級だったらわからないかも。

学校の日本人スタッフに「この先生の得意分野は何ですか?」って聞くことも出来ると思うんですよね。時間がない人は、留学前に自分の要求を伝えておくのがすごく重要だと思います。

目的や要求が明確でない人が案外多いんです。辻さんは留学の準備はちゃんと出来てました?

出来てました。僕は文法と単語は完全に終わらせてたので。そういった意味では十分に留学の目的は果たせたと思います。

勉強方法以外にはどんな相談があるんですか?

先生はどんな感じの人ですか?って聞かれることが多いですね。やっぱりマッチングしないと「この先生がダメなのか?」って疑う気持ちが出てきちゃうみたいで。

しっくりこないと先生の問題と思っちゃうんですね。

そうですね。相性は確かにあると思うんです。先生側の話からも「合う、合わない」って言葉は出てくるんですよ。人間だからしょうがないです。でもそういう話が出ちゃうのは、たぶん自分の要求をキチンと先生に伝えていないからだと思うんです。他人に聞く前に先生に聞くべきなんです。

本当にそう思う。

僕はこういう風に習いたい、こういう勉強したいんだけど、こういう風に教えてくれないか?って伝えないで、レッスンが終わってから「ここが合ってない」って友達同士で話をしていても、何もいいことがないんです。とにかく先生と話をすることが大切だと思います。

ノボルさんはイギリスで勉強していて、その時の学校が最悪やったらしいんです。でも、ノボルさんは前向きだから「先生は俺より英語が上手いから、この先生から何か学ぼう」って感じで勉強してたらしいんです。先生の出来ないことじゃなくて、先生のできることに目を向けたんですね。ノボルさんは今は英語の先生になってますけど。学ぶ意識がある人って、誰からでも学べると思うんですよ。

そうですね。

楽しめる人は、どの学校でもどの会社でも自分の居場所を見つけられると思うんです。僕も合わなかったら先生は変えた方がいいと思うんですよ。でも、その合わない理由をちゃんと説明できないとダメ。何がダメなのかを理解しないと同じ問題を繰り返すし。何をしても続かなくなりますよ。

そうですね。

楽しさを追求している生徒

居心地のいい人とだけ喋ってても、世の中に出たら居心地の悪い人と英語を喋らないといけないですからね。ビニールハウスみたいな所でだけ喋ってても、英語力じゃなくて雰囲気で喋っているかもしれないじゃないですか。ストレスを避けて楽な先生ばかりとばかり話している人は、そのあと壁にぶつかって。実践の場では英語を使えない気がします。

先生が僕の事をすごく心配しているんですよ。「プレッシャーを与えすぎているんじゃない?」って。「これはいかん!」と思って何回も説明したんです。とにかく「レッスンはツラくなきゃダメなんだ」「ツラいことを楽しんでいるから、ガンガンやってくれ!」って。

辻さんは大人だからなあ。でも、僕も同意見です。英語だけじゃなくて仕事でも何でも、ストレスがある環境のほうが伸びますよ。もちろん辛すぎて体壊したらダメですけどね(笑)

(笑)

「居心地の良さ」を追及している傾向が、ちょっと違うんじゃないかなと思う時はあります。フィリピン留学のネガティブなこととして最近思うのが、居心地が良すぎて英語があんまり伸びないかもってこと。旅行の延長なんですよ。

楽しすぎますね~!ホントに楽しいんですよね!

辻さんは、その楽しさの中でトレーニングもできるからいいんですけど、楽しさだけになっちゃってる人が増えてきて、それは英語学習においては、デメリットになってると思います。

学習面ではデメリットかもしれないですけど、経験として留学に来る人も結構いる気がするんですよね。ある意味では商売でもあるわけじゃないですか。だから、「楽しい経験の場」として来ても良いのかなって思うんですよね。

全然いいと思うんですよ。でも、それを理解して来てる生徒なら、英語が伸び悩むことに悩まないでしょう。遊びに来てるっぽいのに、英語が伸び悩んでる事に悩んでる人がたまにいるんですよ。それはちょっとズレてません?って感じる。

それはありますね。

旅行としてなら楽しいですよ。フィリピンって日本と真逆だし、異文化を体験できますから。フィリピンは近いし、費用も安いから、生徒のニーズが変わってきていて、遊びに来てる人がやっぱり増えてるんです。それで、学校が両方取るから、生徒が衝突するんです。「遊ぶ学校」ができてもいいと思うんですよ。

いいと思います!本当に。

でも、勉強したい人の為の学校も残っていてほしい。先生に求められる資質も違うと思うんですよ。

違いますね。

本気で勉強する学校には、本気で教える先生が必要でしょ。経験があって生徒にストレスを与えられる先生って貴重ですよ。フィリピン人はエンジョイな人達だから、生徒にストレスを与えて厳しく教えるのはツラいと思うんですよ。

相当ツラいでしょうね。

そういう先生を、遊びに来た生徒が「先生が合わない。」と言うことがあると思うんです。本気の生徒にはすごい合うのに、ミスマッチで残念だなと思うんです。

ただ、EBでは、毎月テストがあるので、テストの結果で自分に必要なものが浮き上がってくると思うんですよ。そういうのをもっと活用すればいいと思います。学校に全部やってもらうんじゃなくて、テストの結果を見て、自分には何が必要なのか?って考えるのは、英語を伸ばそうと思う人にとっては必要ですよね。

英語環境にいると話せるようになると思っている生徒

学校は卒業したけど、今後も勉強を続けるでしょ。やっぱり永遠に勉強しないと、通じないんですか?

通じないです。2日勉強しないと明らかに違います。定着していないのをすごく感じます。だからレッスン前は英語を喋る口を作らないとダメなんですよ。ウォーミングアップをしないと発音できないとか、スムーズに読めないとか、そういうのがたくさんあるんですよね。

面白いエピソードがあって、ある学校に留学していた生徒が、その後起業して学校経営をしているんです。もう数年やってて、フィリピン人ともネイティブの人ともコミュニケーションに問題はないんです。でも、当時の先生が遊びに来た時に「英語が下手になってる」って言われたらしいんです。「ガーンッ!」ってなってたけど、下手になってる事すら気が付かないんですよね。

そうだと思います。

英語が通じる事と、英語力が上がるのは別で。英語力を上げるには、やっぱり勉強しないといけないんですよね。

そうですね。海外にいるだけじゃダメです。

フィリピンはやっぱりフィリピン英語だと思うんです。これから辻さんは他の国に行くから、また新しい壁が現れるでしょうね。

そうだと思っています。僕はフィリピンに来る前は「スピードがすごく重要」って思っていたんですけど、今は「クリアに喋る」ことが重要だと思い始めてます。僕はもともと日本語でもこれぐらいのスピードでしか喋らないので、速く喋りたいわけでもないんですよ。でも英語ではスピードを求めてしまってました。

昔より早く喋れるようにはなったんですけど、先生には「そんな喋り方をしない方がいい」って言われて、少しスピードを落としてハッキリ喋る方がいいよって言われたので、それからはあんまりスピードにはこだわらずキチンと伝える事を重視するようになりました。

自分で喋れることは聞き取れるって言うじゃないですか。だから早く話すのはトレーニングとしてはいいかもしれないけど、それで明確じゃなくなったら意味がないですね。シャドーイングは慣れるまでは速いじゃないですか。トレーニングとしてはいいかもしれないけど、早く喋らないといけないワケじゃないですよね。

教材で使っているシャドーイングであれば、決して速くはないと思います。今になって言えるようになったんですけど、意外とゆっくり喋ってるんだなって最近思うようになりました。

僕も壁にぶち当たれるよう頑張ります。そして、この後、別の国で格闘している辻さんに、またインタビューしに行きたいと思います。

ぜひぜひ!

(2015年5月1日(月)マニラのケソンシティにて)

カナダに来て外国にいるだけでは話せるようにならないというのがよくわかります。フィリピンは恵まれた環境にあったんだと気がつきました。だって街中であれだけ話せる国はそうそうないですから。不思議な国でした(笑)。

まとめ

フィリピン留学の効果的な勉強方法は期間と目的次第で近道なしです!残念ですが、自分を信じてコツコツ継続するしかないです。英語はダイエットと同じだとよく言われます。ダイエットも、摂取カロリーより消費カロリーが多ければ痩せます。でも、みんなそれができないので、派手なコピーの商品が売れます。でも、実際結果を出してるのは、継続して努力してる人だけです。英語も同じですよ。失敗しないよう頑張ってください!

このインタビューの生音声は下の再生バーで聞けます。

今後もリアルな口コミを掲載していきます。参考になったら共有してくれると嬉しいです。

体験談に出てくる学校

EB (マニラ)

費用対効果No1を目指し、マニラで最安値・高品質を追求!

この体験談の関連口コミ

アバター
クリエイター(ノマド)。2012年にフィリピン留学を体験。その後、サイトを作ると学校から呼ばれるようになる。体験した学校は101校。年間半分以上は海外で、イギリス、カナダ、マレーシアでは英語授業も体験。元コンサルタントで、本気の方には留学相談やエージェントもやってます。著書:英語は「フィリピン」で学べ!
留学相談する