ドゥマゲテの街を使ったSPEAの体験授業で実践英語を身につけて欲しい。

東京の留学説明会で出会った中嶋さんがいつの間にかドゥマゲテの学校Starting Point English Academy(SPEA)スタッフになっていたので経緯を聞いた。セブ留学のQQイングリッシュ後に、ドゥマゲテにハマってしまったようです。

ドゥマゲテのSPEAのスタッフ中嶋

中嶋一博、31歳男性、期間1ヶ月

ドゥマゲテとセブ留学の比較

「金子POPさんの留学イベントで東京で会ったじゃないですか。あの時って、セブ留学後で「フィリピンが好きです」みたいな感じだったでしょ。どんな経緯でドゥマゲテのStarting Point English Academy(SPEA)で働くことになったんですか?」

2014年の5月にセブのQQに留学して、フィリピン面白いなと思いまして。

「なんでセブ島に行ったんですか?」

僕は、本をたくさん読むんですけど、高城剛さんの「21世紀の英会話」という本で、セブ島がいいぞ!って内容があったんです。

「あれはセブ押しの本ですもんね。だから、QQイングリッシュに行ったんですか?本の中でQQの名前が出てましたよね?」

あの本は客観的な視線で書かれていて「この学校がいい。」みたいな明記はないんですけど、確か最後に学校リストみたいなのがあって、「日本人経営」とか「星が4つ」とかあって。で、QQイングリッシュは評価がよくて、韓国人経営より日本人経営のほうが安心だろうな、と思いまして。

「じゃ、高城剛さんの本でセブを知って、本の中で評価が高かったQQイングリッシュに行ったと?」

本を読んだ翌月にセブに行きましたね。

「どれぐらいの期間?」

セブの滞在が4週間ぐらいで、学校は3週間ぐらいです。留学前後の3日ぐらいはフラフラしてました。

「英語を勉強しに行ったんですか?」

一応、英語を勉強しに行ったんですけど、他の留学生と比べると求める英語のレベルは無茶苦茶低かったです。僕はイベント業界で仕事していたんですけど、英語でスピーカーとやりとりができれば、例えば、サンデル教授とかの大きいステージの進行ができるメリットがあるんです。

「仕事で英語が必要だったんですね。フィリピン行く前はできなかった?」

はい。英語ができないから仕事の範囲が少し狭かったですね。

「イベントで英語が必要な時はどうしてたんですか?」

なりふり構わずやる、みたいな感じです(笑)。なんとかなってたんですけど、代理店とかエージェントはミスはできないので、重要なポジションには英語ができる人間を配置するんですね。

「英語ができたほうが仕事の幅が広がると。」

はい。それに英語ができれば単純に単価も上がるので。

セブのQQイングリッシュの感想

「セブのQQで3週間勉強して、目標達成できたんですか?」

できましたね。僕は外国人とコミュニケーションとれるようになれればよかったので、それはできるようになりました。

英語を深く勉強しようとか、TOEICの点数を300点上げようって目的ではなかったので。

「3週間で英語慣れして手ごたえは得たと。」

そうですね。セブで学ぶものはなくなった、ぐらいの感じになったので。満足して帰りましたね、その時は。

「じゃ、QQイングリッシュでの体験は満足?」

はい。QQの運営も悪くなかったですし、セブでは自分で行動して、外でコミュニケーションしていたので、英語で会話したいという目標は達成できました。

秘境の島シキホール島でフィッシュバーガー最高!

「残り1週間は何してたんですか?」

入学前後に3日間ずつぐらいセブに滞在したんです。QQって日曜日にチェックインして月曜日から授業が始まるんですけど、僕は金曜日から前入りしてホテルに泊まってセブの町を歩いてみたんです。

英語は喋れないし土地勘もなかったんですけど、色んな所に行ってロケーションやセブの状況をインプットしたんです。その上でQQに入学したので、学校では「危険だからジプニーに乗るな」とか言われましたけど、入学前からジプニーに乗ってました。

「じゃあ、セブを満喫した感じですか?」

そこまで遊びつくした感はないんですけど、3週間学校にいる間も毎週土日はバスに乗ってモアルボアルとか有名なビーチに行ってました。

セブで人気のQQイングリッシュの感想

週末は必ず遠征していました。1週目に自分で調べて観光地に行ってみて、その結果を翌週先生に話してアドバイスをもらって、来週のプランを立ててましたね。

「それで、セブから日本に帰った時に僕と会ったんですよね?」

そうですね。確か7月だったと思うので、セブから帰ってきてから1か月か2か月ぐらい経った時ですね。

「日本に帰ってきて、仕事で英語を使う機会はあったんですか?」

多少ありましたね。

「フィリピンに行く前と比べると喋れるようになってたんですか?」

ぜんぜんイケてましたね。

あとは、外国人が道に迷っていたら助けられるようになりました。実家が文京区の根津っていう下町なんですけど、外国人の旅行客が多いんですよ。で、やっぱり外国人って東京メトロの料金表を見てても全然わからないんですね。

だから、とりあえず話しかけて「お前どこに行きたいんだ?」って聞いたら「赤羽橋に行きたい」と言うので「東京タワー見たいのか?」って聞いたら「そうだ」って言うので「東京タワーよりも神谷町のほうがオススメだぞ、乗り換えやすいから」とか言って。

「もともと、自分から話しかけられる性格ですよね?」

ですね。

「留学前は積極的にはできなかった?」

さすがにちょっと…。今もそこまで自信ないんですけど。当時はもっと自信なかったので。迷っている外国人がいたら「教えてあげたいな」って思っていても出来なかった。それが出来るようになったのは大きいですね。

セブでマンション購入

「前に会った時にセブにマンション買ったって言ってませんでした?」

そうですね(笑)。

「1か月で買ったんですか!?」

はい(笑)。それも急展開で…。入学前にショッピングモールとかに足を運ぶと、物の値段とか気になるじゃないですか。そうすると、変化が早いんです。

例えば、街には貧しい人たちが溢れているけど、セブのSMモールとかアヤラモールとか大きなショッピングモールに行ったら日本人と同じぐらいお金持っている人たちがいて、買い物する量が半端じゃないんです。

日用品の値段を日本と比較したら、日本と同じぐらいの値段のものがすごい売れてるんです。で、商品がどんどんリニューアルしていくんです。

フィリピン自体が経済成長しているから、お金持ちは増えてるんですけど、それにしても変化が早いなって…。

「セブ滞在中に街の発展を肌で感じたと?」

はい。セブは発展してると感じました。1回目にSMモールに行った時には不動産のバイヤーがいなかったんですが、1週間後には、たまたまかもしれないですけど不動産のバイヤーブースが3つか4つできていたんです。

で、1週目にQQイングリッシュの代表の頼光さんのお話の会みたいなのがあって、そこで、不動産エージェントの方を紹介してもらったんです。日本語で安心してやりとりできますよって紹介されてコンタクトとるようになったんです。

セブ留学でマンション購入

その時はマンションを買いたいって思ってなかったんですけど、頭の片隅にあったんです。それで、2週目ぐらいに、たまたま話しかけた生徒さんが、フィリピンやマレーシアの不動産が気になるから留学しながら下見している方だったんです。

「セブの物件探しのために、セブ留学している人もいるんですね。」

かなりいます。僕は31歳なんですけど、35歳とか40歳ぐらいで、セブの市場調査で来てる生徒は多いです。

「で、情報交換しているうちにマンションを買っちゃおうかなと?」

そうですね。市場の情報がわからないと買わないじゃないですか。でも、その人はマレーシアやタイやフィリピンの不動産も把握してて、他の国はシャットアウトされていて買いにくい、みたいな話をしてて、「だったら買うか」みたいな感じになったんです。

「QQ在学中に買ったんですよね?」

はい。予約金を払って、日本に帰ってから自分の口座のお金を移して。

「すごいなぁ。フィリピン留学中にセブが大好きになったからですか?」

ありますね。投資目的で買ったんですけど、買った時より値段が崩れることは多分ないと思うんですけど、3年後にできる物件なので、どうなるかわからないじゃないですか。でも、最悪セブに住んじゃってもいいか、と思ってます。

「フィリピンって初めて行った海外なんですよね?」

はい。初めての海外です。だから、カルチャーショックもありました。

「でも、フィリピンが大好きになったんですよね?」

好きですね。

「ムカつくことはなかったんですか?」

1個ありました。日本から10万円送金してもらう時に送金サービスの女性からお金を受け取ったら、レシートを見たら2000ペソ足りないんです。窓口の女性が2人いたんですけど恐らく1000ペソずつ取られたんだと思います。

「勝手にくすねてたんですか?」

おそらく。実際に数えたらレシートと金額が違ってたんです。つたない英語で2000ペソ足りない旨を伝えたらしぶしぶ返してくれました。

「手数料?」

いや、手数料じゃないです。海外の両替とかでよくある「単純に足りない」ってヤツですね。ショッピングモールの中にある送金サービスです。

「それは注意しないとマズいですよね?その時はキレたんですか?」

若干キレましたね(笑)。

「向こうはどうだった?」

向こうもなんか…。しぶしぶというか…。フィリピン人てこっちが怒ると向こうも怒ってくるイメージだと思うんですけど、やっぱり向こうに非がある感じだったので。「まぁしょうがねぇな」みたいな感じでした。

「そんな嫌な思いもあったと。」

まぁ一部ですね、ごく一部。

「嫌な思いをしたのはそれぐらいで、学校での体験は満足でした?」

満足ですね。まぁ僕はちょっとイレギュラーだと思うんですけど、5時に授業が終わったら休憩所とか行かないで、すぐにジプニーに乗って(笑)。

「QQでは学校の生徒とは絡まず、セブの街で遊んでいた感じなんですか?」

学校の生徒ともコミュニケーションとってました。生徒と話すのも面白くて、フィリピン留学に来ている人たちって情報感度の高い人たちが多くて、僕の知らない引出を持っていたりするので。

「発見がありますよね。それで、なんでドゥマゲテに来ることになったんですか?」

ドゥマゲテのSPEAに来た理由

今後もリアルな口コミを掲載していきます。参考になったら共有してくれると嬉しいです。

クリエイター(ノマド)。2012年にフィリピン留学を経験、学校のあまりの違いに驚き、オススメの学校を紹介し始める。体験した学校は73個。イギリス、カナダ、マレーシアで英語学習の経験あり。仕事は、コンサル、モノ作り、ラジオ、似顔絵描き。本気の方には留学相談やエージェントもやってます。

この記事で取り上げられている学校の他の口コミ

QQ English ITパーク校 (セブ島)

オンライン英会話を持つ学校、カランメソッドでトレーニング

クーポン
SPEA (ドゥマゲテ)

実践的な英語をドゥマゲテの街中で学んで脱初級を目指せ!

この記事の関連口コミ

人気の口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。