マレーシアの大学入学のため、フィリピン留学でTOEFL対策!

フィリピンに語学留学している高校生Rinさんの感想です。このサイトの口コミを参考にして学校を選んだそうです。学校選びのポイントはTOEFL対策と英語漬け。タガイタイのアンコールの周りは娯楽がないので勉強するしかないですからね。マレーシアの大学に入学するためTOEFLのスコアが必要だそうです。

マレーシアの大学に入学のためフィリピン留学でTOEFL対策してるRin

Rin、18歳女性、期間2ヶ月、高校生

フィリピン留学でTOEFL対策体験談

「留学前に、このラジオを参考にしてくれたみたいですね。」

はい。ラジオは聞いてないですけど、一通り読んだ気がします。このサイトは本音があるので参考になりました。だいたい学校のサイトに行くとメリットしか書いてないので、参考にならないんです。しかも、ちょっと信じられない。基本、私は疑ってみるタイプなので。写真もこれは一番キレイ写真だろなとか思ってしまう(笑)。

「わははは。このサイトを見る時に、どういうところを見たの?」

学校のダメなところを探しました。それで、その学校のサイトに行って、どう書かれているか見てみました(笑)。

「まだ10代でしょ。なんでそんな物事を疑ってるの?19才だっけ?」

18歳です。

「18歳でフィリピン留学に行く学生とかいるの?」

いないですね。あ、1人、高校卒業してバックパッカーやるって言ってる人がいて、旅行前にフィリピン留学に行こうかなって言ってました。

「そもそも高校生ってフィリピン留学を知ってるんですか?」

どうだろ。高校の友達は知らないと思います。でも、一緒に海外に行った人とか意識が高い人は知ってる人もいる。

「なんで英語を勉強してるの?」

マレーシアの大学に行くんですけど、学校が決めたTOEFLスコアを取らないとビザが取れないんです。6月までにTOEFLスコアを取らないといけなくて、時間がないので、「フィリピンでしょ!」って思って。日本の英会話教室とフィリピン留学を表にして、どっちがコストベネフィットがあるか調べたんです。

「日本のほうが高い?」

高い。交通費とかいろいろ考えると高い。同じ値段のコスパが違う。

「フィリピンだと授業外でも英語に触れる機会を作れるしね。それに今はアンコールは授業外でもみんな英語喋ってるし。」

ノージャパニーズです。

アンコールでの英語学習

「TOEFLスコアアップがゴールなんですね。いまで1週間でしょ。手応えは?」

ちょうど今日、自分の英語力が底を尽きました。もう無理だなって。

「どういう意味?」

先週の授業は結構楽勝だなと思ってたんですよ。だけど、今日は違った。いきなり難しくなった。TOEFLなんで難しいんですけど、なんかは今日は難しかった。

「先生がレベルを上げてきたの?」

そうなのかな。分からない…。先週はレスポンス早くできてたんです。けど、今日はできなかった。先週はイケてたんです。でも、今日は無理みたいな…。

「何が違ったの?(笑)」

全然単語が分からなくて、超アカデミックな単語が出てきた。あと、推測する力が弱い。分からなくても、推測するのが大切って先生に言われたけど…。聞き取れないし、何を言ってるか分からないし。これはヤバイと思った。この1週間の自分の勉強スタイルじゃ、2ヶ月じゃ足りないと思いました。

「1日4時間でしょ。どれぐらい自習してるの?」

3時間ぐらいかな。あと、フリークラスが1時間。

「じゃ、1日8時間は勉強してるんや。いつも疲れきってるけど、勉強で疲れてるの?」

勉強で疲れてたか、寝起きか…。

「授業は勉強になってるの?」

楽しいですね。英語で英語を勉強してるので。楽しい。

フィリピン留学でTOEFL対策するRin
フィリピン留学でTOEFL対策

「アンコールは少人数でそんなにハードじゃないけど、今はみんながほんわか一生懸命英語をやってる感じやね。」

確かに(笑)。みんなの距離が近い。

「あと、今はEOPやね。学校はその時に集まる生徒で雰囲気が変わるね。もともとここはEOPじゃないけど自然にEOPになってる。1ヶ月前はみんな日本語めっちゃ喋ってたから、今回、EOPになっててビックリした。」

私は基本的に英語で話そうと思ってて、みんなに話しかけてます。英語で返してくれるので楽しいです。自分で勉強する時は、厳しい感じで勉強してますけど、普段は普通に楽しい。

「しかし、空き時間もちゃんと自習してエライな、18才でしょ。なんでそんなに頑張れるの?」

理由の1つは親孝行っていうか。フィリピンに来てるのも親のお金だし。

「偉いっ!」

私はマレーシアの大学にどうしても行きたいし、日本の大学を経験してないから、マレーシアで有意義に過ごしたいし、そのためには英語は必要だし、将来的にも英語は必要だし。だから、今でしょ、みたいな。

「当たり前のことやけど、若い時ってなかなかそんな風に思えないし。親の金で遊んでる学生もいっぱいいるから偉いよ。」

マレーシアの大学

「マレーシアはいろんな国が集まるから良いと思うよ。日本にいたら会わない国の人がいっぱいいるので面白い。」

イスラムが結構新鮮で。断食のラマダンの時に行ったんですよ。それがすごい面白くて。どんな教育を受けてるのか調べてたら、母さんがマレーシアの大学を薦めてくれて、調べたんです。

「僕はマレーシアの語学留学もしたので、マレーシアの良さも分かるんです。グループレッスンなので、クラスにイスラム教の人がいっぱいいて確かに異文化交流できる。ただ、彼らは英語めちゃくちゃやけど、喋れるでしょ。日本人は文法を知ってるけど、喋れないでしょ。で、マレーシアはイスラムが多く、彼らはお金持ち。だから、彼らに合わせて文法の授業が多い。英語レベルが高かったら、マレーシアはいろんな国の人と喋れて良いけど、初級やったらクラスメートが何を言うてるか分からん。異文化交流はできるけど、特にスピーキングを伸ばしたいならフィリピンのマンツーマンのほうが圧倒的に授業密度が濃い。だから、フィリピンで英語を慣らして、英語レベルを上げてからマレーシアの大学に行くのはいいと思う。大学なら英語できる人ばかりだし、良い経験できると思う。」

フィリピン留学でTOEFL対策

「なぜアンコールにしたの?」

TOEFL対策をやってる学校は少なくて、しかもある程度の英語レベルがないと入学できないところが多いんです。でも、私はそんなに英語レベル高くないから、「2ヶ月でどれぐらいTOEFLが伸びますか?」って問い合わせしたんです。そしたら、自習をちゃんとすれば目標達成できそうって言ってくれて、それで親に相談したら、「覚悟はできてるのか?」って言われて、そんな感じです。

「問い合わせした時の対応で納得したんですね。他の学校には問い合わせしてないの?」

はい。韓国資本も結構見ました。だけど、いっぱいあるから見始めたらキリがなくて。それにTOEFLコースはやっぱり自分のレベルではダメな学校もあって。

「アンコールは小さい学校やから、モンが生徒に合わせてカリキュラム作ってくれるもんね。来てみて大丈夫やった?」

はい。TOEFLの授業も自分に合わせてくれてよかったです。

アンコールの不満点

「イヤなことは?」

特にないすね。蚊は多いけど…(笑)。

「ホッペめっちゃ赤くなってるで。」

これはヤバイ、ホッペは寝てるときに噛まれたみたいなんです。部屋にまだ蚊がいると思う。でも、しょーがない。

「見るたびに虫さされを塗ってるイメージ。1週間で半分なくなったんでしょ。」

だって痒くて勉強に集中できないから。

「それはネガティブやね。他にこの学校のネガティブなところは?」

遠い。

「マニラから3時間近くかかるからね。」

あと、プールの塩素が強い。泳いだら歯がキシキシになりました。まあ、楽しかったんですけど。水が酸っぱくて。クラブハウスのプールは有料なので、学校の前の無料プールしか入ってないんですけど。

「あのプールって他に泳いでる人いるの?」

タガイタイのアンコール学校前の無料プール
タガイタイのアンコール学校前の無料プール

子供が遊んでたり、大工の人が体を冷やして遊んでますね。なんかコイン投げて遊んでました(笑)。

「ご飯は大丈夫?」

シニガンスープが酸っぱい。

「ああ、僕も最初はちょっとツラかった。シニガンスープはトムヤムクンみたいな酸っぱいスープなんよね。僕はトムヤムクンもあんまり好きちゃうから、シニガンスープも酸っぱいなと思ってたけど、今は結構好きになってきた。慣れるなあ。」

うそ。

フィリピンのシニガンスープはトムヤムクンに似てて酸っぱい
フィリピンのシニガンスープはトムヤムクンに似てて酸っぱい

「中の肉もうまいなと思って。」

あ、肉はおいしい。でも、初めて食べたときは、酸っぱすぎて顔がヤバくなった。まあ、まだ3回ぐらいしか出てないし。

「1週間で3回も出てるの?多いでしょ。少人数やから、言うたら頻度は減らしてくれると思うよ。」

嫌いな食べ物は言ってないけど、好きな食べ物は言ってて、今日のお肉は好きだし。カレーも美味しかった。ツナの炭火焼とか。あれも美味しかった。そういうのは言ってますよ。好きな食べ物を言ったたほうが、作ってくれてる人にポジティブな印象かなと思って。

「なんでそんな大人なん?すごいな。関心しきりや。」

そんなんじゃないです。本当につまらないヤツなんです。マジで、マジで(笑)。

「知らんけど(笑)。」

TOMODACHIイニシアチブ

「周りは意識が高い人が多いの?あ、アメリカに行った話をちょっとしてもらっていいですか?」

日本とアメリカの若者を支援する「TOMODACHIイニシアチブ」っていうのがあるんですけど、震災後に、ソフトバンクのCSRで孫正義さんとアメリカの大使が、日本の若者がアメリカで学ぶのを支援するプロジェクトがあったんです。それに、エッセーを書いて応募したら100人に選ばれて、アメリカに行ったんです。

「どれぐらいの期間アメリカに行ったんですか?」

3週間。都市計画?復興を考えるハウツーを学びました。実際にバークレーのストリートテレグラフをモデルにいろんな面で考えてプレゼンしました。

「英語ですよね?」

プレゼンは英語でしたね。

「じゃ、アメリカに行く前から結構勉強してたんですか?」

どうだろ。英語は大事だなとは思ってたけど、そんなにハードにはやってない。

「でも、英語ができないとアメリカで授業を受けても分からないでしょ。」

でも、先生はバイリンガルで日本語も喋れるので。

「そうなのか。アメリカには変わったヤツがいっぱいいたの?」

アメリカにいた大人がすごいよかったです。あと、高校2年の時に、マレーシアに行ったり、中国に行ったりしたので。

「それは自分で行ったの?」

マレーシアは自分で行ったけど、中国は、絆プロジェクトっていうので行きました。チャンスがあったら応募する感じなんです。

「行くたびに考え方が変わったりするの?」

それはありましたね。高校2、3の夏はいい夏休みでしたね。

「じゃ、フィリピンに来た時は英語初級ではないよね?」

まあ、日常会話はある程度できましたね。あと、毎週日曜日にアメリカでできた友達とスカイプで会話してました。英語は話さないと忘れるから、協力してもらって。それが大きかったと思いますね。

「しっかりしてるなあ。」

本気で勉強するならオススメ

私はアンコールしか知らないですけど、遊びたいならこの学校には来るべきでないと思います。何もない、マジで。

「理解してきたの?」

はい。でも、プールがあるって聞いてたので、プールで痩せるのとTOEFLを頑張ろうと思って来ました。

「外に出かけるのは一苦労やからね。」

でも、週末に出かけたんですけど、楽しかったですよ。トライシクルに乗ったり、バスに乗ったり、ジプニーに乗ったりして。

「まあ、遊園地の乗り物みたいにアトラクションの要素があるからね。都会ではジプニーは危ないって言う人もいるけど、タガイタイは田舎やし治安も悪くないからね。週末に行ったのってスタバでしょ(笑)。遠かった?」

遠かったけど、ジプニーで乗り合いの人と話したりして楽しかった。

あと、ティーチャーモンは最高。なんかティーチャーモンの英語が日本語を聞いてるみたいに入ってくる。なんでか分からないけど。

「分かる。性格もいいし、カリスマ先生の1人や。会話しやすいから、どんどん会話できる。評判が良い先生やわ。」

他の先生も良いです。やさしいし。だから、特に不満はないです。

「そっか。よかったね。じゃ、残り7週間頑張って下さい。そして楽しんでください。」

(2014年3月31日(月) タガイタイのアンコールにて)

まとめ

このサイトを参考にしてくれる方は多いので、フィリピンに行くと僕を知ってる人によく会う。Rinちゃんもそう。役に立ったようでよかったです。まだ若いのにしっかりしててビビりました。

娯楽がある場所で強い意志で勉強するより、割り切って娯楽がない場所に留学するのも1つの選択肢。娯楽があるエリアには遊んでる生徒もいるから、いろいろと情報が入ってくるわけです。でも何もなければそんな心配も無用。

フィリピンのタガイタイはマニラからバスで2〜3時間の避暑地です。リゾートなので何もないです。さらにアンコールはちょっと外れにあるので、夜はジプニーもトライシクルも走ってない。出かけるなら暗闇を歩くしかない。そしたら野良犬に吠えられる。そんな街です。

タガイタイの路上のサリサリストア飲み屋

僕が2週間滞在してた時は歩いてサリサリストアまで行ってお酒を飲んでました(上の写真)。そして、毎朝1時間ほどジョギングしてました。環境は良いので、英語合宿に良いかも。RinちゃんがTOEFL達成してマレーシアに行けますように!

このインタビューの生音声は下の再生バーで聞けます。

今後もリアルな口コミを掲載していきます。参考になったら共有してくれると嬉しいです。

クリエイター(ノマド)。2012年にフィリピン留学を経験、学校のあまりの違いに驚き、オススメの学校を紹介し始める。体験した学校は73個。イギリス、カナダ、マレーシアで英語学習の経験あり。仕事は、コンサル、モノ作り、ラジオ、似顔絵描き。本気の方には留学相談やエージェントもやってます。

この記事で取り上げられている学校

アンコール (タガイタイ)

10名の超小規模、娯楽ゼロの英語合宿環境!

この記事の関連口コミ

人気の口コミ