フィリピンの高級別荘地タガイタイのアンコール留学体験記。超初級だけど英語を喋れるようになれる気がする。

フィリピンのタガイタイというリゾート地にある日本人経営のアンコール(Encore English Philippines)に語学留学しているノブさんにお話を聞きました。英語は超初級のようですが、会話する意欲が強くてスゴイ!

フィリピン留学でアンコールで勉強するノブとモン先生

ノブ、26歳女性、期間は3ヶ月

3ヶ月のうちの3週間が経った時です。

フィリピン留学のキッカケ

「フィリピンは初めて来たんですよね。留学に来てどうですか?」

タガイタイに来て3週間が経ったんですが、来たときに比べたら少しは出来るようになったと思います。聞き取りも少しずつできるようになってきてる。

「すでに効果を感じてるんや。フィリピンに来る前の英語力は?」

ゼロです。まったくできなかったです。

入学時の試験は100点満点で15点。超初級だったそうです。

日本人経営のアンコールの施設
日本人経営のアンコールの施設

「じゃ、1から英語を勉強しようと思ってきたんですね。なんでフィリピン留学だったの?」

知り合いにフィリピン留学を紹介してもらって。直感でこれやっ!って思って。

「フィリピンって治安とか大丈夫?って気持ちはなかったんですか?」

全くなかったです。特にイメージもなかったので。とりあえず行ってみようかなぁみたいな。

「それで来てみて、フィリピンの印象はどうなんですか?」

最高っ!空港に着いた時点で、めっちゃいいなってって思った。

「えっ、なんで?(笑)」

なんとなく。この国は合うなって思った。まあ、3年ぐらい海外に行ってへんかったからっていうのもあるかもしれないですけど。来たっ!みたいな感じ(笑)。

タガイタイの語学学校アンコールの印象

「マニラから車で2、3時間かけてアンコールに来て、その時の印象は?」

フィリピンのタガイタイの語学学校のアンコール
フィリピンのタガイタイの語学学校のアンコール

凄すぎやろ!みたいな。

「えっ、どこが?(笑)」

だって、高級別荘地やし、めっちゃ高級でしょ。

「まあ、フィリピンの中では高級だと思いますけど。そこまでスゴイかな?(笑)」

フィリピンの避暑地のキャニオン・ウッズ
フィリピンの避暑地のキャニオン・ウッズ

日本では貧乏やったので、それもあるけど(笑)。セレブエリアでしょ。最高でしょ。

「僕のタガイタイのイメージは軽井沢みたいな感じ。特にキャニオン・ウッズは別荘地なので、週末になると別荘で過ごす金持ちがチラホラ現れる。驚いたのは、全然英語が喋れないのに、そういうお金持ちに積極的に話しかけてたこと。覚えてます?」

話しかけてましたね。仲良くなりたいなと思って。

「向こうはキョトンとしてたでしょ。会話のモチベーション高いのが僕の第一印象です。お聞きしたかったのが、超初級じゃないですか。英語で授業を受けて分かるんですか?」

なんとなく分かりますよね。フィーリングで。文法とかこれからやらないとダメなんですけど。雰囲気で学んでます。

フィリピンのタガイタイの子供達
フィリピンのタガイタイの子供達

「僕は受験勉強で英語は勉強してたから、真っ白ではなかったんです。だから、初級がどういう風にステップアップしていくのかまだイメージが湧かないんです。」

雰囲気で勉強してますけど、モン先生が超エキスパートだからお任せしてます。勉強の仕方も分からないから。先生に任せるしかないでしょ。

タガイタイのアンコール語学学校のモン先生
タガイタイのアンコール語学学校のモン先生

アンコールは少人数制が特徴

「ここは生徒数が最大11人の少人数スクールやから、生徒のレベルに合わせてカリキュアラムを作ってくれるのは特徴ですね。授業以外にも勉強してるんですか?」

授業以外ではホームワークですね。ちょっとずつ見直して、文法を勉強してる感じです。

「授業は1日6時間?」

夜のグループレッスンあわせて7時間ですね。

「1日1時間ぐらいは自習やってるの?」

いやー、教科書に向かってる時間は少ないです。でも、喋ろうとは思ってます。

「朝は元気だけど、だんだん疲れていってるでしょ。夜とかヘロヘロなってるもんね(笑)。」

今まで1日7時間も勉強したことないから、脳がビックリしてるんです。だけど、この環境で自分のサイクルを作っていけたら、めっちゃいいと思うんです。朝早く起きて勉強して、昼ご飯を食べて、めっちゃ健康的で良い生活やと思うんですよ。人間らしい。

ちなみに、この学校は7時から朝ご飯、8時から12時まで授業、12時から昼ご飯、13時から18時まで授業、18時から晩ご飯で、19時からフリークラス。だから、授業が終わるのは20時。

「授業はどんな感じなん?」

ほんまに初級なので、I am a penから学んでます!

「違うけどね(笑)。」

生活していくうえで必要な、How are you? I’m fineみたいな。

「挨拶の返事は覚えてます?いつもモン先生に言われてるやつ。」

覚えてますよ。How are you?の返事は、I’m fineしか知らなかったけど、I’m goodとか、 Not so badとかね。Fantachic、Couldnt be betterとか、いろんな返事があるのを教わってます。テストとか文章を書くようなカリキュラムじゃなくて、私の授業は会話が中心です。日々の生活に必要な会話。

Good morningから始まって、生きた英語を学んでる感じがあります。もっと長く喋れるようになりたい。

やっぱコミュニケーションがとりたい。完璧を求めてネイティブみたいに喋れないとあかんと思うと、難しいと思うけど。英語はできたほうがいいから。

来る前に、地元の人に英語できるの?ってよく聞かれたんですよ。でも、できないから留学に行くんやし、まったくできないから、どんなものか感覚を掴みたいと思ったんです。1週間でもいいから、実体験として体験するのが良いと思ったんです。

日本にいたら外国人と関わる事が少ないから、結果的に日本語しか喋れないし。だって英語を喋る機会ないから。

避暑地タガイタイのサリサリストア
避暑地タガイタイのサリサリストア

なんで日本人は英語が喋れないかって本を読んだけど、そもそも喋る必要がないですよね。でも、外国に行ったら、その国の人と喋るのって必要やし。日本にもECCとかあるけど、実際海外に飛び込んで話したほうが早いんちゃうかって思うし。

ペラペラにならなとか、ネイティブみたいに喋らなあかんと思ったら、自分もひいてしまう。そらそういう風になれたら快感やと思うけど。でも、先生が言ってることが分かって、自分が喋れたらそれだけで嬉しいし。

「ハードルを高くあげずにとりあえず体験してみようってことよね。いま3週間でしょ。イメージしてた効果が得られているんですか?」

そうですね。学生のときは、全然英語を勉強してなかったし。やっぱり興味ないっていうか、いや興味ないわけじゃないんですけど、なんかはじめから難しいからムリって思ってた。面白くないし。面白くないから興味ないし。

「今は面白い?」

面白い。面白くなってきた。やっぱり日本に住んでたら、外国人と友達になる機会は少ないし、英語を聞く機会もほとんどないけど、日々英語が聞こえてくるから慣れてくるし。なんか、英語を喋れるようになるのが夢じゃないんだって思うようになりました。

「なるほど。この留学体験の先に、英語を喋れてる自分をイメージできてきたってことね。」

そう。英語ってただの映画の世界で、遠いように感じてた。日本に住んでたら非現実。でも、こっちに来たら、めっちゃ現実。逆に喋れないとマズイ。

「正直ね、3ヶ月経った時にノブさんがどんな風に成長してるのかすごい興味があるんですよ。会話するモチベーションがあるから時間に比例して絶対上達すると思うんです。」

あー、それはイヤや。めっちゃプレッシャーや。

「プレッシャー与えるつもりないねんけど(笑)。残り2ヶ月ちょい頑張ってほしい(笑)。」

ちょっと言いすぎたかな。でも、自分が来ようと思った意思の中には、やってみたいというのがあったし、昔からの憧れやったし、英語できたらカッコええなと思ってたから。

留学に来る理由ってそんなもんやと思うんですよ。もちろん明確な目的があったほうがそらいいと思うけど、そんな難しい事を言われてもよく分からんし、やったことないことを、ああやろ、こうやろって言われても分からんし。

「分かるよ。僕も目的意識が明確なほうがベターやと思うけど、とりあえず来るっていう選択肢もアリやと思うから。」

フィリピンのタガイタイでイヤな事

「えっと、大満足っぽいけど、フィリピンでイヤな事ってないんですか?」

んーーー。特にないですね。実際このタガイタイのキャニオン・ウッズって超高級別荘地で、とんでもないし。ほんまに。イメージで言うと、アラジンの宮殿。

「わははは。いや、そんなスゴくないと思う。」

フィリピン留学のアンコール リゾート地のキャニオン・ウッズ
フィリピン留学のアンコールがあるリゾート地のキャニオン・ウッズ

いや、でも、外の世界は貧困な方もいるし、貧富の差が激しいと思うけど、このキャニオン・ウッズはめっちゃ安全やし、ビックリするぐらいデッカい家もあるし、高級車も停まってるし、山もゴルフ場もある。文句ないやろみたいな。

フィリピンの高級住宅地のキャニオン・ウッズのプール
フィリピンの高級住宅地のキャニオン・ウッズのプール

ただ、このリゾート地から外に出ると、自分の身の安全は確保しないとあかんと思うし。自分は外国にいると自覚しとかなあかんし。

フィリピンの高級住宅地のキャニオン・ウッズのゴルフ場
フィリピンの高級住宅地のキャニオン・ウッズのゴルフ場

「ちょっと補足しとくと、タガイタイはリゾート地やけど、宮殿ではないし、城でもない(笑)。だけど、ゴルフ場もあるし、お金持ちは多い。フィリピンの中では良い環境。だからといって、日本並のクオリティではないし、ネットもそんなに早くない。シャワーやトイレも日本に比べれば施設面で劣るところはあります。」

フィリピン留学検討者にアドバイス

「最後にアドバイスありますか?」

えっ、もう終わりですか。やっとノってきたのに。やっぱ私はスロースターターですね(笑)。

「わははは。何かある?」

ちょっとでもフィリピン留学が気になってるなら、一回来てみたら良いと思います。こっち来て思うんですけど、日本って良い生活してると思うんですよ。美味しいもの食べてるし。でも、物価は高くて、ご飯を食べても1回1000円ぐらいかかるじゃないですか。だけど、こっちだったらパン10円もしいへんし。そういう知らない文化も知れるし、一回外に出てみることをオススメしますね。

自分が住んでる環境から一回出てみて、世界は一体どうなってるのかチェケラしたらいいんちゃうかな。

「なんで最後にチェケラって言うたか分からんけど、それも小さい声で(笑)。」

Don’t be shy.

「よく言ってるけど、それって自分に言い聞かせてるの?」

自分に言い聞かせてますね。正しくても間違っててもいいから、とりあえず喋ってみろと。間違うのなんか当たり前やろ、始めから喋れるわけないんじゃって。

「なるほどなるほど。男前ならところあるよね。今まで何人かにインタビューしてるんですけど、同じことを言う人が多いんです。フィリピン留学が気になるなら一回来てみろってね。」

やっぱり思いますね。私は日本にいるときに、変化を恐れたらあかんって自分に言い聞かせてたんです。人って何か変わろうとするときに、絶対に変化を恐れるらしいんですよ。でも、直感的にこれやって思ったら踏み出したらいいと思うんです。一歩踏み出したら未知の世界があって、そこから道が開けてると思うから。

(2014年2月15日(土) タガイタイのアンコールにて)

まとめ

タガイタイのアンコールは娯楽があまりないので、少人数で勉強に集中したい人にオススメです!坂道が多いので筋トレになります。逆に遊びたい人は止めてたほうがいいです。話にでてきたモン先生は英語教師歴が10年以上。授業を受けさせてもらいましたが良い先生でした。フィリピンの先生はレベル差がすごいあるけど、モン先生は間違いなく良い先生の1人だ。カランメソッドとサイクルラーニングメソッドの違いを聞いたら実例とともにメリットデメリットを解説してくれてスッキリした。

フィリピン留学割引クーポンチケット
オーナーのヨシさんと友達になり、当サイト限定の「アンコール留学割引クーポンチケット」を発行して頂きました。印刷してご使用ください。入学時に当サイトを見たと言ってもらっても大丈夫のようです。
このインタビューの生音声は下の再生バーで聞けます。

今後もリアルな口コミを掲載していきます。参考になったら共有してくれると嬉しいです。

クリエイター(ノマド)。2012年にフィリピン留学を経験、学校のあまりの違いに驚き、オススメの学校を紹介し始める。体験した学校は30校。イギリス、カナダ、マレーシアで英語学習の経験あり。仕事は、コンサル、モノ作り、ラジオ、似顔絵描き。本気の方には留学相談やエージェントもやってます。

この記事の関連口コミ

人気の口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*