フィリピン留学の学校は日本人経営と韓国人経営どっちがオススメ?

フィリピン留学する際に悩むのが、韓国人経営の学校にするか、日本人経営の学校にするかです。それぞれにメリット、デメリットがありますが、基本的に僕は日本人経営の学校をオススメしています。韓国人経営の学校は韓国人の英語力向上のために作られており、韓国人は日本人より基礎英語力があるので、あわない日本人がでてくるのです。もちろん韓国人経営にもよい部分がありますが、違いを理解して学校選びをしてください。

(以下は、あくまで傾向なので、当てはまらない学校もあります。)

1. 運用経験は韓国人経営のほうが豊富です。

フィリピン留学は韓国人が始めました。1995年ぐらいからなので、古い学校は25年以上の歴史があります。現在残ってる韓国の学校は基本的に10年以上の運用経験があります。なので、先生の評価システムなど、いろいろノウハウがあります。長く続いてきたのでよい部分がある一方で、古いルールがそのまま残ってることも多いです。日本人経営の学校が出来たのはここ数年です。2010年ぐらいからなので、歴史はまだ5年ぐらいです。

2. TOEIC、TOFEL、IELTSなどの試験対策は韓国人経営のほうが経験豊富

韓国人は英語ができないと就職できません。TOEIC750越えないと履歴書に書けません。なので、韓国人経営は試験対策校が多く、ノウハウも多いです。ただし、テキストが韓国語の場合もあります。

3. 食事は日本人経営のほうがうまい!

韓国人経営は基本的に韓国料理。生徒が多国籍だと、食事に対する要求も違います。なので、日本人好みの味にはなりません。辛い韓国料理が苦手だと韓国の学校はしんどいかもしれません。一方で、日本人生徒しかいない日本人経営の学校では、食事は日本人好みの味になります。

4. 施設は日本人経営のほうがキレイ!

韓国人経営の学校は歴史があるぶん、施設は古い。韓国人経営のメインターゲットは子供や学生です。なので、ドミトリーが多くて、個室が少ないです。そして、韓国人はなぜかプールを大切にする。

5. 学校の規模が違う

日本人経営は20名から100名ぐらい。韓国人経営は100名から300名ぐらい。それぞれにメリットとデメリットがあります。

6. 英語カリキュラムにイノベーションがあるのは日本人経営学校です。

英語学習の方法にイノベーションがあるのは日本人経営です。

韓国人経営の学校のカリキュラムはだいたい同じです。使ってる教科書も同じです。それは、フィリピン人のヘッドティーチャーを引き抜いてくるからです。ESLとテスト対策、そしてスパルタ。その組み合わせが韓国人経営学校です。英語について語ってる学校はほとんどないです。

日本人経営も同じですが、一部の日本人経営の学校は、日本人が英語カリキュラムに関わっています。日本人の英語力を分析したうえで特徴的なカリキュラムを持っています。

7. 生徒の国籍の違い

日本人経営の学校は生徒が日本人が多い。韓国人経営は生徒が韓国人ばかりか多国籍です。韓国資本のほうが生徒間のコミュニケーションが英語になるので、英語漬けになります。ただ、英語レベルが低いとまわりの生徒も初級になるので、韓国英語を学ぶことになります。他の生徒との交流は、文化交流で楽しいし、英語学習のモチベーションになります。ただ、英語の勉強にはあまりならないので、注意してください。自習して自分のレベルを上げて、日常会話が問題なくなったら、国際交流でも英語の勉強になってきます。

8. 生徒の年齢層の違い

韓国人経営の学校の生徒は年齢層が若いです。子供から大学生です。英語ができないと就職できない韓国では、親は子供に投資します。スパルタ校に入学させます。なので、嫌々来てる若者がいます。そういう生徒は授業中寝ていたり、サボったり、恋愛に夢中になります。そういう韓国人に学習強制する仕組みがスパルタです。もちろん、ものすごく真面目な韓国人もいます。

9. 運営スタッフ

この業界は現場運営を無料インターンで行うのが一般化してますが、僕は現場スタッフにちゃんとした日本人がいるかどうかは重要視してます。そのスタッフが英語学習の道のりを知ってて、日本での社会人経験があるべき。

インターンの質はピンキリです。すごい優秀な人もいますが、ほとんどは社会人経験もなく、英語も喋れない。そういう方々です。なぜなら無料で英語留学できると思って来てる方が多いからです。普通に考えたら分かると思いますが、すごい優秀な人がインターンはやらないです。

何の権限もない日本人インターンがたくさんいても何もできないです。現場に張り付いてる決裁権がある日本人がいれば、韓国人経営でもよいと思います。ただ、現実問題として、日本人経営でも韓国人経営でも、しっかり社会人経験がある方が現場に張り付いてることは少ないです。特に韓国人経営の学校はスタッフを固定しようという意思がある学校はないと思います。つまり、数ヶ月単位で入れ替わっていく体制です。

たまに日本語が喋れる韓国人が日本人スタッフをやってます。ただ、重要なのは言語ではなく、日本の文化を理解してるかです。日本に住んで働いてた人なら大丈夫だと思います。

韓国人経営学校のトラブルやデメリット

中国の生徒からは歴史問題を振られますね。困っている生徒がいました。私は歴史には興味がないって言いました。怒られましたけどね…。中国の人は良い意味でも悪い意味でも素直だから、悪気がなく言ってるのかもしれないですね。イライラもしますけど、情も深いので。

https://ph-radio.travel-book.info/i345-cella/

前のCAEAは日本人経営で料金が高かったから、日本人の大人の生徒が多かったんです。だけど、韓国人経営のCELLAは規模が大きくて、生徒は多国籍で、若い人が多いです。CAEAでは見なかった、モチベーションが低い生徒もいて。スパルタだけど、寝てるだけの韓国人もいましたし…。

https://ph-radio.travel-book.info/i345-cella/

韓国の学校では恋愛してる人も多いです。学内恋愛は多いです。学内でチュッチュッしてますよ。日本人は恋愛していても、人前であまりイチャイチャしないけど、韓国の人はするでしょ。それは全然いいんですよ。文化の違いだから。楽しみたい人にはいいと思います。多国籍環境で24時間英語になるので。

https://ph-radio.travel-book.info/i345-cella/

私以外は韓国人だから、韓国人のグループになっちゃってる。だから、完全に1人になっちゃうんです。日本人が1人でいても誰も近づいてこないんです。「おはよう!」って言うと「おはよう!」って返してくれるけど、それだけで終わっちゃう。韓国人がすごくシャイ軍団なんです。こっちが受け身じゃなくても、入っていくのはちょっと大変な気がする。私は友達を作ることは目的でなかったから問題なかったけど。挨拶以上に仲良くなるのは大変だろうなって思った。

https://ph-radio.travel-book.info/i335/

基本的に、韓国人って物事を会社の問題として捉える傾向がなくて、全部パーソナルな問題として捉えてるんですよ。だから、先生が気にいらないなら、先生に直接言ってくれってなる。でも、日本人は相手に直接文句を言うのが苦手なので、みんなそこで躓くんですよね。日本は組織として対応するのが当たり前なので、学校が対応してくれって思ってしまう。

https://ph-radio.travel-book.info/i254/

まず、EOP、English Only Policyが厳しくなくて。授業が終わったら、それぞれの言語でみんな話していて。それが…、嫌でした。サイトに「一部の空間はEOP」って書いていたので、少しEOPには期待してましたので…。

https://ph-radio.travel-book.info/389/

英語レベルで分かられていて、私は1番下のリフレッシャーキャンパスだったんです。そしたら、みんなすごく初級で無法地帯…(笑)。ウチも含めて、みんな英語ができない。韓国人は韓国語でキャッキャいうて。楽しそうにやってる。韓国語はわからないから英語で喋ってよ、って言うんですが、すぐに韓国語になってしまう。ツラかった…。韓国人ばかりの環境は大変でした。なんとなくわかるけど、最終的に「イエーイ!!」って、ハイタッチで終わるんです…。日本人がいない学校がいいと思ってたんですが…、これがアホでした。今の英語力ならEOPでも大丈夫かもしれないけど、英語が全然喋られないのに韓国人ばかりのところに飛び込んでも、何も喋れない。鬱になりそうでした。EOPはタイミングを間違いました。今の英語レベルになってから、EOPの学校に行けばよかったです。

https://ph-radio.travel-book.info/i302/

お酒が入ってたんでしょうね。その韓国人が「俺らが金を持ってるから、目つけてきたんだろ!」って見下して言ったんですよ。1番いけないことだと思いますけど。それで、ケンカになって、警察が来て、大変だったんです…。その場は学校マネージャーが納めてくれたんですけど。でも、なんですかね?韓国人ってお酒を飲むと変わりますね…。酒癖が悪い…。

https://ph-radio.travel-book.info/i127-trouble/

編集後記

コミュニケーション能力が高くて、ハートも強い。環境をうまく使えるタイプ。そういう生徒は韓国資本でも楽しめます。

韓国が大好きな人は、韓国の学校だったら、韓国語も学べるかもしれないし、韓国の友達もできるのでオススメです。TOEICなどの試験対策講座も韓国資本のほうがノウハウが豊富だったりします。歴史が長いので。ただ、韓国資本はエージェントとベッタリで特にイノベーションもないし、昔のまま止まってる印象です。授業カリキュラムもフィリピン人に任せてるので似てるし、教材も同じだったりしますので。あと数年経てば、日本人経営の学校にもノウハウが溜まり、韓国人経営の学校に行くメリットはほとんどなくなると思いますが、現時点ではどちらにもいい部分があると感じてます。

特別な理由がなければ日本人経営の学校のほうが絶対に良いです。僕は日本人経営をオススメしてます。

PR

中谷 よしふみ

クリエイター(ノマド)。2012年にフィリピン留学を体験。その後、サイトを作ると学校から呼ばれるようになる。体験した学校は103校。年間半分以上は海外で、イギリス、カナダ、マレーシアでは英語授業も体験。元コンサルタントで、本気の方には留学相談やエージェントもやってます。著書:英語は「フィリピン」で学べ!

よくある質問一覧