友人塾の学校情報

ターラックのシニア向け小規模語学学校、友人塾の口コミ体験談、移住相談、ボランティア、インターンに力を入れている。

学校名友人塾
学校設立日2018年3月
生徒規模10名
建物タイプボーディングハウス
トイレ紙はゴミ箱に捨てるタイプ

学校スタッフ

日本人オーナー大石さんと、その奥さん(フィリピン人)が基本的に学校常駐。ただし、学校運営のオペレーションは日本人スタッフのアキヨさんが行っている。

  • オーナー 大石良正
    オーナー 大石良正
    日本では人材派遣会社を経営。事業をセミリタイヤしてフィリピンに移住。フィリピン人の奥さんの地元のターラックに移住して、「ターラックに日本人村をつくる」ことを目指している。2018年にターラックのロータリークラブ会長に就任。移住サポートなども行う。学校運営では営業を担当しているが、現場業務はアキヨさんに任せている。まだお会いしたことはないので、学校運営に情熱があるのかどうか分からない。
  • オーナーの妻 大石ジャネット
    オーナーの妻 大石ジャネット
    お会いしたことはないです。
  • 日本人マネージャー アキヨ
    日本人マネージャー アキヨ
    3年間高校教員(保健体育)として働いた後、フィリピンへ。GETSでの留学後、JICバギオとMMBSでインターンを経験。その後、友人塾の日本人マネージャーになり学校立ち上げを行う。運営業務はすべて行っている。友人塾で経験値を上げて、自分の学校を作るのが夢。お会いするまで男性と思ってました…。

友人塾の感想

留学エージェントの中谷
オーナーの大石さん夫婦の家にホームステイするような学校です。ゆっくり時間が流れる田舎で、マイペースで勉強したり、自分を向き合う時間を大切にしたい方にオススメ。移住相談、ボランティア、インターンもできるので、真面目に勉強したいシニアがあうと思います。現在ヘッドティーチャーがIELTS講師だったこともあり、IELTSコースもありますが、学校としてはまだ出来立てのホヤホヤ。これからどう発展していくのか注目しています。敷地内で犬や猫を飼ってるので、動物嫌いは避けたほうがいいかも。

友人塾の場所

ターラックの街からジプニーで約20分、まわりは畑ばかりの、ザ・田舎。決して便利な場所ではないが、高速道路の入り口が近いため、車があればクラーク、マニラ、バギオへの移動は案外便利

友人塾の写真

敷地内の真ん中にはクラブハウスという建物がある。食事を食べたり、ときには授業で使うこともある。

友人塾は田舎にある学校で、敷地内も自然が豊かです。

英語授業は竹で作られたBahay Kubo(バハイクボ)で行われることが多い。バハイクボとはタガログ語で「小さな家」「先住民の家」という意味

友人塾のスタッフたち。ほとんどが住み込みで働いている。ビックファミリーという感じ

クラブハウスではビールも販売している

部屋にはベッドが2つあるが、基本的にすべて1人部屋。約10部屋なので定員10名

友人塾のトイレはフォシュレット付き、ただし紙は流せないので注意

共有のお風呂。週に1回ぐらい湯を入れてくれるそうです。

カレーは具沢山、日本の味です。食事はフィリピンの語学学校ではトップレベル。食器もこだわってます。

フィリピン料理のシニガンスープ、野菜たっぷり

ランチのパスタとチキン、友人塾の食事には毎回生野菜がある。大人向けの食事

詳しくは、

友人塾公式サイト

エージェントサイトではなく学校公式をチェック!

学校情報が間違っていたらご指摘ください。