【よくある質問】フィリピン留学のスパルタ式はオススメですか?

スパルタの説明をする前に、まず前提として、フィリピンの語学学校は韓国人経営が多いです。韓国では約10年以上前からフィリピン留学が盛んです。

スパルタは韓国スタイル

韓国では、英語ができないと就職できません。そのため、親が子供に投資します。ただ日本でもそうですが、子供は英語を学ぶモチベーションが低いことが多いです。その結果、スパルタというスタイルが生まれました。親が子供に勉強を強制するために厳しい学校を選ぶのです。外出禁止、ネット禁止、マンツーマンが10時間、試験のスコアが低いとペナルティ。ただ、最近は昔より緩和してますし、セミスパルタも増えてきます。

お伝えしたかったのは、フィリピン留学のスパルタの学校は韓国の状況とニーズから生まれたものということです。そして、学校によってスパルタの定義が微妙に違うということです。外出禁止や長時間学習を強制することをスパルタと呼びますが、外出禁止で授業時間は長くない学校もあります。

英語学習にスパルタは効果的か?

日本人経営で厳しい学校は少ないです。ただ、長時間学習についてよく誤解されてる方がいるので説明しておきます。

長時間授業を受けたら英語力がアップするというのは嘘です。長時間、集中して授業を受けられれば英語力はアップします。

日本人の友達と8時間と話してみると、かなり疲れます。8時間授業を受けても、予習復習する力も残さないといけません。長時間集中できる生徒がもしスパルタを望むならオススメしています。

受験勉強などで長時間学習をしたことある人は分かると思いますが、1日8時間集中するのは難しいです。集中力が切れて授業中にボーッとしてしまっては意味はないです。8時間マンツーマンを申込んで、集中力が持たずに、現地で6時間に変更してる生徒は多いので注意してください。

もし厳しい韓国資本の環境を望むのであればスパルタも選択肢の1つです。しかし、スパルタ、セミスパルタを検討する前に、まずあなたが何時間集中力を持って学習できるか考えるのがよいです。授業時間が長くなると単純に費用も上がります。

1つスパルタ環境の良い点は、本気で勉強する生徒が集まるということです。学校のルールで平日は勉強以外できないし、みんなも本気でやってるから、自分も英語学習に集中できるという一面はあります。日本人留学生はリフレッシュに来てる方も多いので、まわりに流される方は勉強に集中しにくいですので。自分の性格や目的にスパルタ環境があうかどうか考えてみてください。

オススメの韓国式スパルタ校

どうしてもフィリピンでスパルタの学校をオススメしてくださいと言われたら、セブのEVとバギオのHELPマーティング校をオススメしています。

HELPマーティンス校 バギオ

HELPマーティンス校 (バギオ)

英語に集中できる中級向けスパルタ校、入学条件はTOEIC680点以上、IELTS対策にオススメ

EV セブ島

EV (セブ島)

フランス人経営の老舗で本気のスパルタ校!英語漬けを望むならオススメ!

スパルタ体験者の口コミ

よくある質問一覧