フィリピン留学の学校は小規模と大規模どっちがオススメ?

フィリピン留学で学校を選ぶ時に学校の規模で悩む人が多いです。大規模、小規模それぞれにメリットとデメリットがあります。どちらが合うかは人それぞれです。

タガイタイのFace to Faceはアットホームで楽しい

大規模学校のメリットとデメリット

フィリピンはマンツーマンの英会話レッスンが売りですが、中級ぐらいになると、1日最低1時間はグループレッスンを受けたほうがいいです。他の生徒の英語から学ぶことも多いですし、集団の中で発言するトレーニングにもなるからです。グループクラスを受けてない生徒は、マンツーマンでしか英語を話せないことが多いです。グループレッスンを受ける時、大規模な学校は、生徒が多いので、英語レベルで生徒のグループを分けられます。それが大きなメリットです。授業のクラスだけでなく宿舎を分ける場合もあります。また、生徒との出会いも多いです。

その一方で、学校のルールや仕組みが確立しており、スタッフには通常業務以外では決裁権がありません。なので、小規模の学校に比べると融通が利かないことが多いのがデメリットです。

小規模学校のメリットとデメリット

英語レベルでグループ分けした時に、小規模の学校だと、周りの生徒のレベルが低くて自分と合わない時があります。小さい学校のデメリットでもあります。また、10人以下のような本当に小さい学校の場合、突然先生が数人辞めてしまうと、授業を受けられなくなります…。せっかく時間を作ってきたのにどうしようもないです。

一方で、小規模の学校はアットホームです。みんなが一体感があって楽しい。また、決裁者が学校にいることが多いので、融通が利くのも小規模な学校に多いです。一方で、規模が小さいので、自分と合わない生徒がいるとシンドイかもしれません。どっちが合うかは本当に人それぞれだと思います。好みもあります。

僕は個人的には、小規模で寮生活の学校が好きです。

この体験談の関連口コミ

関連記事

よくある質問一覧